読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素手で鼻クソほじりたいから人間辞める

何だか色々問題のある20代独身女

ストリップショー所感

遡ること2ヶ月前になりますが、週末のノリで初めてストリップショーなるものを体験したときの話。



一時期、社会現象としてワイドショーにまで取り上げられたアニメ映画『KING OF PRISM byPrettyRhythm(通称キンプリ)』に漏れなくハマっていたわけですが
そんなキンプリを題材にしたストリップショーが見られるらしい、とSNSで話題に

実際に足を運ぶ前は、ストリップショーといえば、湿った男性の社交場的な印象でした。
学生時代、スポーツパブやガールズバーでお小遣い稼ぎをしていたので、風俗に対するライトな耐性はあるんですけど、
ストリップショーと聞くと思わず、家電屋の暖簾つきエロゲコーナーに入り込んでしまった時の気まずさのようなものを感じる予感が…

という訳で、一瞬は興味を持ったものの、9割方行かないだろう という結論を先に出してました。

でも時を同じくして、学生時代の友人らが、キンスト(キンプリのストリップショー)に興味をもっていたようで、
仕事帰りの電車の中「今から新宿来れる?」のLINEを受け取ったのがちょうど新宿を過ぎた時

完全に金曜日のノリで一駅引き返し、女だらけで新宿の『TSミュージック』に向かうことに

予習が足らず、ストリップ小屋のシステムも知らなかったんですが

入口で一度チケットを購入すれば、その後は何度でも入退店可能とのこと
ちなみにその日は女性料金+ネットクーポンとかで、4,000円程でした。


入店した途端に感じたのは、異様な熱気
しかも、女性客が多いことといったら。
あとあと知ったのは、その日がキンストの最終公演日だったということと
TSミュージック史上、最もお客さんが入った日だったんだとか。
女オタの皆様のアクティブさよ…

ちなみに、男性客についてはハロプロ界隈で言うところのマノフレ結構年配の方が多い印象
なんだか、希少な動物の生息地を荒らしてる気分になり(失礼)
居心地悪そうにしてないかな?と少し気になってはみたものの、当のご本人達は席が空くと譲ってくれる程の紳士ぷり

皆さん手に缶チューハイ持って、各々出来上がってる印象でした。


4〜5人の踊り子が4公演くらい回していて、
ちょうど入店のタイミングが、4回目の公演が始まる時でした。

人生初のストリップ小屋で、
これまた人生初目にした踊り子は
山口桃華嬢という方でした。
セレブリティあふれるageha顔の、スーパーナイスバディなお姉ちゃん。

見た目とは裏腹?むしろ見た目通り?に美しいポールダンスを披露して下さいました。
アンダーヘアの処理の感じも凄く好みだった気がしたんだけど、あんまり覚えてない自分の悲しい記憶力…

ちなみに、この後2回ほど別の現場に行ってみましたが、彼女のポールダンスほど感動した演目はなかったってぐらい凄く本格的なポールダンス。

踊り子さんによって、ポールダンスする人、縄でシルクドソレイユみたいなアクションする人(適当に言ってるけどマジですごい)、
コスプレしてアニメを題材にした演目をする人、ヒップホップっぽいの踊る人など本当に様々

だけど共通して言えるのは皆体柔らかい!

何のポーズって言えば伝わるのかわからないけど、猫みたいに足をピーンって上げても太ももプルプルしてない、すごい

割とアグレッシブなポーズでデリケートゾーンをご開帳するんですが、
ポージングの美しさに、自然と拍手が湧き上がりました。
思わず顔を近づけてしまうご老人(コラ!)の気持ちも分からなく…なくもないような…

あと、言うまでもないけど身体が綺麗
シミひとつない背中とか、鍛え上げられた背筋とかふくらはぎとかはめっちゃ見習いたい


その日、他に気になったのは望月きらら嬢の臨場感あふれる表現力。1人ブロードウェイって感じでした。超表情豊か。

ところで、当初目当てだった栗鳥巣嬢、渚あおい嬢のキンストについてですが、
もう既にSNS等で色々感想が流れているので、今さら書いてもな…感はありますね

ただ他の踊り子達と比較しても明らかに異質だったのは、キンプリというモチーフではなく、1演目の、ストーリー構成力の高さだったと思います。

踊り子の皆様は各人2演目ほど用意して、1日4公演回しているそうです。
1回目:演目 キンプリ
2回目:演目 あしたのジョー
3回目:演目 キンプリ…

といった具合に(演目はテキトーです)
この1演目の中で、1人3〜4曲踊るのですが、その中で脱ぎ場を設けなきゃいけないので、中には「普通に踊ってたのに気づいたら脱ぎ始めてた」って印象の人も。

最も、キンプリという土台があったからこそ、この『キンスト』については構成しやすかった点もあるかと思いますが
起承転結をつけて演目を構成する能力において、栗鳥巣さんは実力派の踊り子であると同時に名ディレクターなのだな〜と感心ました。


ともあれ、初めて経験したストリップショーは、それまで想像していた
『淫靡でぬめった風俗の空間』とはまるで違い、嬢と客とが一緒に作る『明るいエロの交流所』的な…

裸を売り物にしているのに、いやらしさを感じさせない、女性の肉体美とパフォーマンスを楽しむハッピーな空間でした。


何か良いこと言ってるようにも見えますが、
総括するとストリップショーってすげ〜!と思ったわけです。

そして1ヶ月後、あの夜新宿のTSミュージックを訪れた女4人集のうち
 ただ2人だけは、ストリップショーの魅力が忘れられずに池袋ミカド劇場を訪れることになろうとは…
人生って、何がきっかけでどんなものにハマるか、わからないなぁ…と実感しました。



ちなみに…春野いちじくちゃんのファンになりました。